のろわれた職場・・・・

懸賞 2005年 05月 13日 懸賞

えー・・・何度も書いてきたことですがちょっとおさらいして
今私のいる部署にはこういう図式ができております。


部長-コゲ課長-平社員(男性)数名-短期の経理担当Aさん-女性事務員二人

・短期の経理担当Aさん
40代半ば男性。コゲ課長の知り合いっつーことで
最初は2月から4月末の予定であったが
5月末まで延長が決定。

女性事務員二人
・アホさんの後任で私と同じスタッフサービスから派遣されているBさん
年齢はたぶん30代。まじめないい人と思われる。今までも経理を
されていた。
・私の後任のCさん。
たぶん私より少し若いと思うので20代後半から30代前半。
あまりおしゃれ等に興味なく、性格もまじめ。でも頭はとってもいい。
経理のプロという感じの人。人がいいというタイプではないが
仕事をきっちりやってくれる。(私よりもはるかにきっちりやさんw)

アホがやめて半月足らず。

今までの経緯は
アホがひきつぎのために11月から入社→
12月末にて前任者の社員さんが退職→
1月からアホがさまざまな事件を引き起こす→2月にAさん入社→
同じく2月にアホの仕事を二人で行うという珍提案のために派遣で
ある女性が入社→3日でその女性はイライラがつのり1週間で身内の不幸により
退職→2月末私が契約更新をしないことを決意、部長に告げる→
3月下旬アホの契約更新打ち切りが決定→4月後任のBさんが入社→
4月中旬私の後任Cさんが入社

去年の11月からずっと続いていたドタバタ劇が
やっと幕が下りそうになっていたが
まだBさんが仕事になれておらず、また4月中旬からなぜか
Aさんが頻繁に休む状態になっていた。
アホから業務内容をある程度はひきついでいたAさんが
1週間に2日とかそんな頻度でしか来ない週が続き
確かに不安要素はあった。しかし、アホと後任のBさんは4月中
どちらもいたのでなんとかなっていた。

5月初旬になりGW明け、伝票の締め、銀行の残高チェック、
経理にはかなり忙しい状態になった。Bさんは通常の月あけより
日数の少ない5月に初めて自分でしなければならず
そしてそのときまでもAさんは来なかった。

正直、何が理由でこないのか、私たちにははっきり知らされておらず
病気なのか、他に仕事でもしているのか、全くわからないままだった。
今週も、休み、半休、休み、出勤、出勤、という「お前、殿様か!」という
ことを繰り返していた。もちろんGW明けの週末も来なかった。

その中でBさんはなんとか一人でがんばって
私たちも手伝えるところは手伝って、なんとか前月の締めを終わった矢先、
昨日、Bさんが倒れました・・・・

もうのろわれているとしかおもえない。

朝、駅員さんから電話があり
「Bさんが乗車中に貧血で倒れて、あまり話すこともできません。
このまま救急車を呼び、病院につれていきますが
住所や電話番号を聞きたい」

Σ(゚Д゚;エーッ!

一同びっくり。
この1週間、めちゃくちゃなスケジュールということはなかった。
もちろんいっしょに10時すぎまで残っていたがそれ以外は
8時前後に帰っていたはずだし。

とにかく派遣会社に連絡をとり、運ばれた病院に男性社員がいってみると
意識が朦朧としており、あまり話せる様子ではなかった、、、とのこと。
少なくとも今週はもう出社できないだろう・・
その日の午後には点滴が終了して、自宅に戻ったようだが
今後、彼女が問題なく仕事に復帰できるかどうか・・・・
まだわからない。

正社員さんがやめたあと、アホがきて、仕事上めちゃくちゃになり
二人で仕事をわけるという名目で入った人も1週間でやめてしまい
経理のプロだったはずのAさんはやたら休みが多く
やっと1ヶ月続いた人も倒れる・・・・

もうほんとやめることにしておいてよかった。
人間で言うと大殺界ドマンナカくらいの勢いの呪いですよw
[PR]

by keiko_osaka | 2005-05-13 10:12 | JOB

<< 仕事における性格   そらくんのかみぐせ >>