これはなかなかいい言葉だ。

懸賞 2005年 07月 15日 懸賞

朝からゲームをしながらTVの音声だけを聞いていました。
昨日のバレーボールの話。

確か一昨日イタリアに惨敗した日本。
そのときエースのおおとも?だっけ。あのこがアタックの成功率が
ものすごーい低く、昨日はものすごーくよかったらしい。
私は残念ながら仕事でどっちも見れてないんだけど・・・

調子の悪かった一昨日と昨日の試合。
彼女のどこが悪かったか、という解説で
「一昨日は力いっぱいうちこんでたが、昨日は
8割くらいの力でうってましたねぇー」

誰が言ってたのか、見ていなかったのでわからないのだが、
多分元全日本のOB。

普通は力いっぱいのほうがいいんじゃないの?と思うけど
りきんでうつと必ず高いブロックにはばまれる。
最初から8割でうつつもりなら、周りがよくみえるので
打ち方を変える余裕がある、という話だった。

なるほどーと思った。

バレーボールだけじゃぁなくって
それは生き方でも同じだよねぇ。
余裕のない人間はどこかハタで見ていても
どきどきはらはらするし、私はあんまり好きじゃぁない。
余裕がないせいで、人に対するおもいやりも
あまりなくなっちゃう。
決してその人が悪い人ではないのに、思いやりを欠いた行動を
してしまったりする。

手を抜く、というのはちがうのかもしれないが
少しは「どうでもいいや」くらいの気持ちでいたほうが
うまくいくことは多いのかもしれない。

私もある程度はそれを実践しているが
仕事中はそれができなくてアタフタしている人をよくみかける。
もちろん私も仕事中そんなふうになっているときもあるはずw

アタフタ、は、実際、準備ができていないアタフタもある。
それはもー全然だめw
でも準備もしっかりしていても、予想外のことが起こって
アタフタする。それはどんなに努力しても起こってしまうこと。

そのときは深呼吸して、心のすみっこで
「どーでもいいや」くらいの8割の力で対処しよう。

今の仕事は、相手の話してることをよく聞いて
考えられる原因を推察していくことが大切、だと思うのだが
そのときに自分がイッパイイッパイでアタフタしたら
重要な現象を見逃してしまう可能性がある。
相手が何気なく言った「そういえば・・・こんなことがありました」とか
言うヒントを見逃してしまったり。
私にとっては重要なヒントだけど、相手の人は
それが関係あることか、ないことか、判断がつかないために
最初に話してくれたりはしない。
だからこそ、話しやすい雰囲気が必要だが、
自分がイッパイイッパイで、相手はそれを言いづらくなってしまったり
タイミングを失ってしまったりするかもしれない。

もちろん、優秀なヘルプなら、そんなこと聞かなくたって
判断できたりするのかもしれないけど
私みたいなペーペーなヘルプは、色んなヒントがあって
初めて成立するわけでw

ま、仕事に限らず、恋愛でも趣味でも
8割の力の時が一番自分も楽しめて
周りの人も楽しめる・・・と思う
[PR]

by keiko_osaka | 2005-07-15 09:26 | SOMETHING

<< 昨日の電車男   今日のnew bag(^^♪ >>