カテゴリ:TV( 7 )

懸賞 懸賞

離婚弁護士が終わっちゃいました(ToT)/~~~

懸賞 2005年 06月 28日 懸賞

悲しいかな、離婚弁護士2が終わりましたっ

でも最終回とってもよかった!!!

マミヤタカコはとってもかっこいい!!!

20代のときは「無理しちゃって・・・・カッコつけずに
自分の感情に従えばいいじゃん!」とかって思うけど
30代になると自分の生き方や信念を貫くことが
カッコつけるのではなく、自分の望みになります。
確かにちょっと無理はしてるけど。

20代のころ、自分が無理するってのは
ちょっとだけ、ではなく、無謀な無理を
高い目標として掲げてしまったりするものですw
それが悪いわけじゃぁない!若いころは絶対必要ですっ!
今の子たちは小さくまとまりすぎですっ!

大きく無謀な無理をして、大人になった30代は
きっと自分の許容量で受け止められる無理が
どの程度のものなのかわかります。
簡単にわりきる、というのとはちがいます。
自分の無理でぎりぎりうけとめられる範囲で
他人を許したり、我慢できることを選択するのだと
思うのです。そう、あくまでも自らの選択です。
選択肢がもっとたくさんあることも
自分の感情に任せる選択も
すべてわかっているのです。
その中で、自分の信念にそえること、
自分の無理のぎりぎりのライン
そんな均衡を保った選択ができるようになるのだと思います。

マミヤタカコを見ていると
自分の一生懸命さと、周りの人の気持ち
そのぎりぎりのラインで均衡を保っている人物のように見えます。
もしくは自分の怒りとやさしさ。

そういった相反するものが同居する不思議な人物。

信念を通しながら周りの人に対する優しさは決して
見失わない。

こういう大人になりたいものです!
[PR]

by keiko_osaka | 2005-06-28 22:11 | TV

エンジン&離婚弁護士

懸賞 2005年 05月 18日 懸賞

月曜日、エンジン。
火曜日、離婚弁護士。

あぁー、忙しいわ(ナニ

エンジンはいいよー。やっぱおもしろい。
ほんと、キムタクはどーでもいいのよ!
かっこいい!とかって思うとこあんまりないし。
でも子供たちにレーサーと言っていて、
メカニックで仕事をしていることがばれたとき
キムタクが「ごめんなさい」って謝るシーンはなかなかGOOD。
かっこいいというか、ジーンときました。
色々言い訳あるのに、「嘘は嘘」という一貫した感じで
よかったし、子供たちも納得するわけです。
普通に感動もので、子供たちのトラブルの解決方法も
毎回みものですな。

離婚弁護士も今回よかったわ・・・
犬の達也くんの親権問題(?)がテーマなんだけど
私、動物モノにはかなり弱いので、普通にラストは泣いたw
動物って人間がないてるときってなぜかわかるのよね。
うちのバカ猫もTVみて泣いてるとなぜかいつもは私から
逃げ回ってるくせによってくるんだよ!w
あれにほだされちゃうのよねぇーw
犬も猫も人間も、そりゃぁ、相手にナニをしてあげられるかってのも
大切だけど、ナニをしてもらえるのかっていうのも大事で
相互に必要とするってのが理想的。
うちだって共働きだから長くいっしょにいてあげられるわけじゃないけど
猫もきっとわかってくれると思うんだよね。
短い時間でも精一杯何かをしてあげる、という気持ちがね。

あ、ドラマから離れちゃったけど
マミヤ先生の恋愛も進みそうな予感?!

今日は見れないけど、大阪じゃぁ再放送で離婚弁護士1も
夕方にやってて、両方おもしろいですぞ。
[PR]

by keiko_osaka | 2005-05-18 09:14 | TV

もう一本テレビネタ。

懸賞 2005年 04月 27日 懸賞

離婚弁護士2

昨日見たらめちゃくちゃよかった・・・
1のときも時々は見ていたんだけど
2のほうが軽快さが増したような・・・

昨日のストーリーは
「ある日、貴子の元に美香(乙葉)という女性がやってくる。食品会社の秘書をしている美香は、取引先のエリート商社マンでもある恋人の武(古田新太)とそろそろ結婚したいと真剣に考えていた。ところがその矢先、美香の元に、いきなり武の妻・涼子(高橋ひとみ)の代理人を引き受けた絵里(瀬戸朝香)が出現。不倫による精神的苦痛を受けたとして、共同不法行為者である美香に慰謝料を請求してきたのだ。
 美香の代理人を引き受けた貴子は、大介(玉山鉄二)と紀三郎(津川雅彦)を交えて、彼女から詳しい事情を聞いた。美香は、武がバツイチだと思って付き合っていたと主張するが、武が独身だと偽っていた決定的な証拠はなく…。」

今回高橋ひとみが最初はいやーな女だが
最後は女としてプライドを取り戻すところがかっこいい。
かなり大どんでん返しがキタ━━(゚∀゚)━━ヨ
乙葉も最初は泣いてばっかりだが、乙葉、高橋ひとみ、天海祐希、瀬戸朝香が
古田新太につめよるところが爽快!

個人的には
佐々木蔵之介が好きな私w
がんばって来週もみたいっす!
[PR]

by keiko_osaka | 2005-04-27 11:03 | TV

TVネタさ!

懸賞 2005年 04月 27日 懸賞

2話目も見たよ!

なにを?それは「エンジン」!!!!
予想通りおもしろい!!!

2話目は施設の子供が大学受験したいけど言い出せない、
親が夜逃げして他の子とちがう、もう期待なんてしたくない、という
気持ちをかかえて、大学受験をすすめる小雪ともめる。
キムタクもなんとかドライバーにもどりたくて
四苦八苦というストーリーかな。
その中でキムタクも実は父と姉とは血がつながっていなくて
自分自身の家族は全員死に別れていたという事実が浮上。

今の世の中裕福になりすぎて
同情や哀れみを表すことによって「いい人」と思われたい人が
多すぎると思う。そういうところをはっきり拒絶してくれるキムタクの
主人公像がとっても気持ちいい。
だって「俺、子供嫌い」とはっきり言っちゃう大人って
すごいと思う。実は私もそういうこと言っちゃって引かれることは多々あり。
でも嫌いなもんは嫌いなんだし、仕方ないw
その子が嫌い、とかじゃないんだけど
「子供」というカテゴリーが嫌い。大人が定義する「子供」に対する
態度も嫌い。そしてもっと言えば大人が定義する子供の接し方の
セオリーが大嫌いw
そのへんがとっても痛快で「弱者は守られるべき」という考え方に
ひとつの別の・・・たぶん少数派なんだろうけどちがう考え方が
あらわされていると思う。「弱者が強くなる方法」とか
「弱者とは誰が決めるか」という根本的な違いが見え隠れします。

は・・・ちょっと重い言い方だけど
ふつーにおもしろいですw笑えます。
[PR]

by keiko_osaka | 2005-04-27 10:50 | TV

もう一本、ドラマネタ。

懸賞 2005年 04月 19日 懸賞

瑠璃の島。
えーと土曜日にやっていた。

★役者と役名
成海璃子(藤沢瑠璃・11)/竹野内豊(川島達也・32)/小西真奈美(島袋さなえ・24)/小日向文世(米盛照明・40代)/井川遥(中嶋美月・30)/西山繭子(松隈奈津美・32)/賀集利樹(斉藤茂・25)/勝村政信(松隈浩二・35)/西田尚美(藤沢直・30)/さくら(美穂子・26)/吉田妙子(カドマおばぁ・88)/塩見三省(宮園壮平・52)/平泉成(新垣治衛・58)/市毛良枝(新垣佳枝・52)/岸辺一徳(小浜学・58)/倍賞美津子(仲間恵・55)/緒方拳(仲間勇造・60) ほか

実はこれたぶん最後までみちゃうだろうなぁーと思ってるドラマ。
こっちも結構な役者そろってるでしょ?
私は竹之内豊が結構好きなんだけど、やっぱ緒方拳がいい。
すごいわ。

緒方拳が泣くシーンがあるんだけど
すでに1回目にして、もらいなき・・・・

たぶん最後はシアワセ~~~な気分になれそう。
ミナミの島の風景もめちゃきれいです。

あ、でも竹之内はちょっと暗い背景がありそうな・・・
お暇な方は一度見てください。
[PR]

by keiko_osaka | 2005-04-19 11:14 | TV

ヒサビサの月9見たにょw

懸賞 2005年 04月 19日 懸賞

最近、全くドラマを見ていない私。
あんなに楽しみにしていたごくせんも
ちょっとナンダカナーって感じになっていた。

昨日、ヒサビサの月9、それもキムタク主演ということで
かなりな興味薄ながら見てみた。

月9からも遠ざかってるし、、、たぶん2年くらいw
キムタクもオナカイパーイって雰囲気になっていたし。

私は役者としてのキムタクはもういらんだろ、と思っていた。
どの役やってもキムタクのまんまならよっぽど脚本がよくないと
つまんねーし。

男前でいまどきの男が仕事に挫折したりしながら
恋も仕事も最後はゲット・・・もういいってw

うそくさいし、めちゃくちゃな挫折もねぇし、
ストーリーはふるぼけた感じ。

どーせ今回もそんなもんだろうと思ってた。
だいたい設定がさぁー。ドライバーって。
どーよ。

・・・・ごめ、普通にハマッタw

ちゅーか、笑えた。
も、いきなりドライバー解雇だし、日本帰ったら
オヤジは口聞いてくれないし、勝手に孤児院やってるし
がきどもは多くて、みんなクセあるし、
脇役は結構なメンバーそろえてる。
これでつまんなかったらおわっとる。

役名と役者
木村拓哉(神崎次郎・32)/小雪(水越朋美・27)/堺雅人(鳥居元一郎・34)/松下由樹(神崎ちひろ・37)/岡本綾(末永たまき・26)/石垣佑磨(伊吹テツヤ)/青木伸輔(菅原比呂人・24)/泉谷しげる(一ノ瀬新作・54)/高島礼子(牛久保瑛子・38)/上野樹里(星野美冴・18)/戸田恵梨香(樋田春海・16)/石田法嗣(塩谷大輔・16)/有岡大貴(園部徹・14)/大平奈津美(田口奈央・14)/夏帆(二宮ユキエ・13)/中島裕翔(草間周平・11)/平山盛男(小杉茂一郎・10)/広田亮平(刀根明・9)/佐藤未来(園部葵・7)/小室優太(金村俊太・6)/岡真由(小森七恵・ 2)/角野卓造(春山万里夫・58)/原田芳雄(神崎猛・64) ほか

キムタク以外の役者に期待するし、ストーリーも
キムタクがかっこよくなる部分が少なくていいっw

だめっぷりを披露することに期待するっ!!!
[PR]

by keiko_osaka | 2005-04-19 11:06 | TV

ジェネジャン

懸賞 2005年 03月 24日 懸賞

昨日夜10時から11時24分までやっていた「ジェネジャン」
深夜にやっていたときに何度か見たことがあります。
結構kinkiの堂本光一くんもこい番組やっとるな~と
前から思っていたけど、昨日はスペシャルだったみたい。

NHKのしゃべり場と雰囲気は似てるけど
しゃべり場のほうはゲスト1人以外は、10代という限定。
あ、あと道上破りは20歳以上もいたかな。
ジェネジャンのほうは職業や年齢もバラバラ。
それだけに見るほうも気持ち的にちがう。

いつもはなんだか自分と同じ気持ちのほうが多くて
少しはスッキリするのだが、昨日の番組はちがってたなぁ・・
なんとも悲観的な意見が多くてなんだかなぁ~と思った。

「一番大切なものはお金だ」という意見にたくさんの人が
賛成していた。

私はちがうと思う。そういう意見をいうと「きれいごと」と
言う人がいる。番組もそういう流れだった。

きれいごとなんだろうか・・・うわべの意見なのかな。
その番組を見ていて、逆にお金が一番という意見の人の
ほうがうわべの意見を言ってるように思えてならなかった。

他人の価値観なんじゃないだろうか・・ふと思った。
大人や環境や世間や、そんなものの価値観のような気がした。

親が自己破産して本当にお金がなかったという女性が
お金が一番だって言っていた。
多少真実味はある。

だけどなぁ・・・・うちもかなりビンボウだったんだよw
お金がなくて高校に行きたかったけどいけなかったと
その子は言っていた。

昔はみーんなビンボウで生きていくために
そんなこと言ってられなくて、そのこを見ていると
まるで今の年寄りが「昔はお金がなくて勉強なんて
しているひまなかったよ・・・」といってるように聞こえた。

うちのビンボウもかなりなもので、自己破産はしなかったけど
オヤジは人の借金かたがわりして、払いつづけてたよ。
もちろん夜以外電気もつけらんないし
おかんも内職(ふるっ)やら仕事やってたし。
きわめつけは、ハイキングと称して山につれていかれて
山菜を死ぬほどとらされるw
これで食いつなぐわけだw
おにぜんまいとぜんまいを見分けられる都会っ子など
私くらいなものだろう・・・w
注意:おにぜんまいは食べられないw

でも、やっぱり私はお金が一番大切とは到底思えないわけだ。
ビンボウだったときも、なんでお金ないのかなぁとは思ったが
別に悲しくもなんともなかったし。
みんなが元気で楽しく暮らせるのはお金があるから、じゃなくて
気持ちがあって、初めて成り立つ、と思う。
きれいごとなんかじゃない、と思う。
そりゃーどっちもあるのが一番いいけどねーw
[PR]

by keiko_osaka | 2005-03-24 12:05 | TV